ヘルシオホットクックで蒸しトウモロコシ。前回うまくいった皮取り裏技を失敗した理由

今年のトレンドは皮ごとトウモロコシを鍋にぶっこむ!

先日仕事先でトウモロコシを2本いただいたので、帰宅してすぐに蒸すことに。

今までは大きな鍋にたっぷりのお湯を沸かし塩を入れ、皮をむいて持ち手のところを鍋サイズに合わせてカット。なかなかの仕事量でした。

昨年からはホットクックに皮ごとぶっこむだけ!

更に今年は進化して、先日も記事に書きましたがトウモロコシは皮ごと蒸す!

ヘルシオホットクックでとうもろこしは皮ごと蒸して、皮を一瞬で取る裏ワザ
トウモロコシの季節がやってきました。 毎年数回は買いますが、皮剥いたり茹でるのにも少々手間がかかるので数回だけ。 電子レンジでもいいけど、なんとなくせっかくのフレッシュな季節の食材に電子レンジの電磁波当てると栄養減るんじゃないの...

ホットクック付属の『蒸し台』を内鍋に置き、水は15分蒸しても無くならない程度に目分量でマグカップ1杯程度いれて、『蒸し台あり』で15分。

前回、蒸しあがったトウモロコシの皮を一瞬で取るという裏技を書きましたが、なんと今回これがちょっと失敗してしまった。

その理由は、カットする部分の場所!

トウモロコシの持ち手になる部分をカットするのですが、それが浅すぎたのです。

なぜそれが失敗かというと、蒸しあがって皮が付いたままヒゲ側をつかんでフリフリすると、スポッとトウモロコシが気持ちいいほどツルっと出てくるはずだったのに、しっかりお尻部分に皮が付いている状態だったので出が悪く、アチチ言いながら格闘してしまったこと。

ほんとはこんな風に

茹でトウモロコシ

包丁でお尻部分をカットし、無事生まれました。

ホットクック

ホットクック使って、皮ごと蒸すのはこれで2回目ですが、蒸し加減はバッチリです。

プリプリ

鍋に入りきらないときは頭側をカットせず、お尻側をカットしましょう!