あの布マスクの今。余って保管して6億円?!

マスク

布マスクの余りが保管費6億円?!

新聞に「布マスク8300万枚余る」と大きな見出しに目が釘付け!
だって、余っただけならまだしも保管費に6億円って衝撃。

そんな大金があれば、どんなに「今」苦しんでる人が何人助かるかと思うと心が痛い。

学生で生理ナプキンに困っている「生理の貧困」という言葉が出てくる世の中なのに、
保管費だけで6億円って!!

記事によると、政府が介護施設や妊婦さん向けに調達したのが1臆5700万枚で、
世帯向けに約1億3000万枚。
このうち、それぞれ約7900万枚と、約400万枚が未配布で保管されているそう。
その倉庫の保管費が今年3月末時点で6億円

布マスクって一枚単価およそ140円っていうから、在庫分だけで115億円相当もあるし、
保管費と合わせると・・・121億・・・・
うっへー!!

厚生労働省曰く、マスク不足のひっ迫した状況が緩和されて要望のあった施設に配布する
方式に切り替えたため、余って保管が必要になったと言ってるようだけど、各省庁バカでっかい建物に置く場所なんていくらでもあるだろーに。

なんかのんきだなぁ~

当時、確かに布マスクを各家庭や施設に無料配布されて、外出するためのマスクも手に入らない人には助かったとおもうので、そのためにかかったマスク代、配送料等の数十億円は仕方ないなとは思いますが、ですが、しかーし!

その後の尻つぼみ的な始末がお粗末というか・・・

別次元に生きるってこうゆうことなんだね。

明後日は選挙。さて、どう国民にジャッジされるんだろう。

私は期日前投票しちゃいましたけどね。

そういえば、うちに届いた二人分のアベノマスク4枚って、使わないままどこいっちゃったかな-。
いいガーゼだろうし見つけたらリフォームして何かに使おっと。