夫も喜ぶ【自分が出かけるときの献立】ヘルシオホットクックで温かいホワイトシチューを作り置く

夕飯を作って出かけることがちょいちょいというか、毎週1回はあります。

そんなときのお助けメニューは、ホットクックのホワイトシチュー!

もうブログでも何回か紹介しているけど、コレ、ほんとに失敗なしでおいしくできるのですよ。

得にホワイトシューの素とか、ルーとか使わないでコクのあるおいしいシチューがちゃんとできる。

小麦粉とじゃがいものでんぷんで出るとろみだけ。

カレーとかだと一晩持ち越して翌日出しても食べない夫が、このホワイトシチューなら喜んで食べるというお助けメニュー。

そして今日もホワイトシチューを作り置いて、実家へ行ってくる日。

本日使う材料は(毎回家にあるもによって微妙にかわる)

鶏肉と玉ねぎとじゃがいも、色合いと栄養的に人参、いい味を出すキノコとしてマイタケ。

もう野菜の個数とか気にしません。

使い切ってしまいたいじゃがいも全部(5個)と、小さ目な玉ねぎ2個と人参をマイタケを今回いれますよ。

じゃがいもはホットクックの”かきまぜユニット”がグルグルかき混ぜることによって、小さくなってしまうのを見越して半分だけにカット。

玉ねぎはどうせほとんど見えなくなっちゃうので、適当にサクサク切って鍋の一番下へ。

玉ねぎ以外の鶏もも、じゃがいも、ニンジン、マイタケはカットしてからビニールに入れて塩コショウさらに小麦粉。

今回小麦粉がほとんどなくてだいたい大さじ1弱しかなかったかな~ あるだけビニールへin。

そしてビニールごとシャカシャカ

5分くらい放置して、内鍋に先に入れてた玉ねぎの上にドサッとビニールの中身を入れます。

コンソメ顆粒1袋(大さじ1くらい)、バター30g、白ワインが無いので料理酒大さじ2くらいかな。

最後水。レシピ本では200ccだったけど、400cc入れてカサをちょい増してみた。

小麦粉少ないわ、水多いわで、シャバシャバホワイトシチューかもしれないな。

まぁそれもいいでしょう

むかーし、実家に植わっていた月桂樹(ローリエ)の乾燥葉っぱがいまだにあり、それを2枚ほど一緒に。

いい香りづけになるんですよぉ~

さーて、どんなのできるかな。

お、出来た!

ここで牛乳を200cc入れるので、月桂樹(ローリエ)の葉っぱはここで取り出して、牛乳加えさらに3分調理追加。

なかなかシャバシャバです。今回は。

でも味はグーですよ。塩ちょっと足したり。

ほんとホワイトシチュー作る度に、ホットクック持っててよかったっておもいますね。

内側がフッ素加工の鍋に買い替えたい。1万円かぁ・・・もう少しがまんだ