【ソーダストリーム】自宅で炭酸水を作ると500mlで18円?!

出会った時から夫のお腹はびっくりするぐらいのビールっ腹で、なにがどうなってそんなお腹してるのか内容物が何なのか。もうこうなったら小さくなることはないだろうと漠然と思っていました。

明確な理由は忘れてしまったけど、ある時ビールから焼酎に変えるといいだし、家飲みは缶ビールから焼酎の炭酸割りにチェンジ。

私もウイスキーハイボールが気にいってしまい、まだそのころウイスキーの爆発的ブームが来ることもしらず余市や竹鶴を買ってきて飲むように。(もったいないことしたー)

ビールをやめたのはいいけれど

飲む分せっせと炭酸のペットボトルを買ってくるのだが、重い!

そこで思い切って炭酸メーカーを買ってみようということになってさっそく量販店へ。

手動式のだと12000円ほど。

ボディはプラスティック製で陳列棚のそれは持つと、

軽ッ!

ちょっとコレ大丈夫??

どんなクオリティの炭酸ができるかわからないので、なかでも一番安い手動のものを購入。

炭酸ガスシリンダーをセットしていざ初炭酸

炭酸水を作るのには炭酸ガスを注入して作るのですが、その炭酸ガスタンクが本体を買うと1本ついてきます。
セットの仕方は簡単で、フタを取って本体の胴体にセットするだけの簡単装着。
1リットル水の入る付属の専用のボトルに水道水を線まで入れ、クルクルとネジ式で本体にセット。本体から出ているチューブが水の中に浸かります。
レバーというか、押すところをつまむように押すと、
プシュシュワワァワ~~
と激しく泡が放出。
「え?え?いつまでこれやればいいの?」と戸惑っていると、激しい音で
ブブブブブブーッ
と変な音が響き渡り、恐る恐るボトルを外して試飲。
あれまッ かなりいいじゃん!ちゃんと炭酸じゃん!
なぜ炭酸水はただの水道水がほんのり甘さを感じるようなおいしい水になってしまうんだろう。
二酸化炭素の働き??

炭酸水メーカーのコスパは?

メーカーによると、ガスシリンダー1本で約60L作れるので、500mlのペットボトルだと約120本分。
ランニングコストとしては、交換用のシリンダーが2,200円で、1本あたり約18円
おぉ、かなりコスパ良し!!
とはいえ、ハイボールなどに合う強炭酸には、2,3回ブーブーいわせるので、ざっと倍の36円かもしれないです。
それでもウィルキンソンの炭酸を買うより半分以下!!

ガスシリンダーは家庭用ごみで捨てちゃダメ?

高圧ガス容器は家庭用ごみでは捨てられないそうなので、基本使い続ける限り交換です。

買う時も不法投棄されないようにお店で名前や住所を台長に記入。

じゃ、いらなくなったらどうするの?

ちゃんとメーカーのHPに書いてありました。

メーカーによるといつか不要になって捨てたいときは、メーカーに「着払い」で送るか、「住んでる地域の処分法に沿って対応してください」だそうです。

ガスシリンダーをお店で交換

使っている途中でガス欠とは悲しいので、我が家はストックのガスシリンダ―を1本スタンバイさせています。
1本ガスが終わってしまったら、その空ガスを持って近所のイトーヨーカドーへ。
レジで「炭酸水のボトルの交換お願いします」というと、レジ下の段ボールからガス満タンのを出してくれました。
1本2200円
1本でもけっこうな重さなので、買い物が少ない日がいいです。

炭酸水の作り方のコツ

さてさて最後に、使い方のコツを共有。
強炭酸を作るには、先にも書いたように1回ブブブじゃ足りません。
2、3回は鳴らします。
さらにネットで見た記事によると
・冷えた水のほうが炭酸ガスがよく吸収する

・ブブブっと音が鳴ってもすぐにガスを抜かない方が炭酸ガスが水に馴染む

だそうです。知らなかったー

しかし、家庭で簡単に作れる炭酸水は、手放せないほどラクです。
レモン果汁入れて飲むだけでもさっぱりとしておいしいし。洗顔や洗髪にも炭酸っていいらしいので、それにも気軽に使えるし。
電動式も魅力だけど、私はどこでも置けるこの手動で充分かも。
それではまた