スマホから簡単タップで世界の飢餓撲滅に協力をしてみる『ShareTheMeal』

毎朝7時からMXテレビの『堀潤 モーニングFLAG』をつけて流し見をしているのですが、この番組はZ世代という2021年4月時点で29歳以下の若者がコメンテーターという斬新な番組です。

そのゲストコメンテーターはすでに各界で活躍していて、ベンチャー企業を起こしていたり、とてもニッチな分野の困りごとを解決している団体の代表だったり。

今の若者ってすごい!!と素直に毎日関心しています。

普段家に引きこもっている私としては、見ているだけで世の中にとりこぼされないような気がして、欠かさず視聴しています。

そんなモーニグFLAGで紹介されていたShareTheMealというアプリがスゲーとおもいさっそくスマホで見てみました。

世界の飢餓と貧困の撲滅を目指した国連WFP(国連世界食糧計画 :World Food Programme)が2015年から運営する人道支援アプリす。

世界には飢餓に苦しむ人々が8億1100万人もいるんだって!!

その人々の食事をアプリから寄付するという。それも数回タップだけで超簡単。

1日85円という設定で何食分か設定できるのです。

 

sharethemeal

サイトを見ると、現在122,099,031食分がシェアできましたと出ていますが、この数字も数分後にリロートするとどんどん増えている!

sharethemeal

このお茶碗みたいなイラストの下の丸を右に動かしていくと、金額が上がっていきMAX85,000円まで設定できるようです。1000食!!

sharethemeal

このように普段コンビニでペットボトルなど買ってしまうお金で寄附すれば、3食も誰かに食事をシェアできる。

今回私は5食分425円分寄附してみました。支払い方法にpaypalがあったのでポチっとするだけ。

 

sharethemeal

スマホにアプリダウンロードしたし、月々少額ずつでも続けてみよう。