【ヘルシオホットクック】枝豆を『蒸す』vs『茹でる』結局どっち?

枝豆は無心に一定リズムで心ゆくまで食べたい。それには自宅で茹でるのが一番安上がりだけど、塩加減や茹で加減が毎度不安定という悩み。

そうだ!この間のトウモロコシみたいに、ホットクックで蒸せばいいんだ!!

 

ヘルシオホットクックは電気無水鍋なので、少量の水で素材のおいしさをぞんぶんに引き出してくれるすぐれもの。

栄養満点の枝豆を効率よくとるには

枝豆には『しじみ』で有名なオルニチンというアミノ酸の一種が豊富に含まれてて、肝臓の働きを高めたり、さらにビタミンやカリウム、鉄分、食物繊維など栄養満点。疲労回復や夏バテ回避に効果があるそう。しかーし、水に溶けやすい!

だから蒸すというのは一番いいらしい。

蒸し枝豆 5分

ホットクックに最初から付属してきた『蒸し板』を使ってトウモロコシの要領で蒸してみることにしました。

水洗いの後、粗塩をゴリゴリこすりつけ蒸し板に無造作に載せます。

水は100㏄くらい。先日のトウモロコシで沸騰後10分だったので、枝豆なら5分くらいかな。

【手動で作る】➡【蒸し板を使って蒸す】➡【5分】➡スタート!ホットクック

 

ホットクック

分かりづらい差ですが、蒸しあがりはコチラの下の画像です。

蒸し枝豆

私はしょっぱい枝豆が大好きなので、あつあつで器に移した後にも塩を全体にまぶします。

ビール用意して、いただきます。

味の感想 「ちょっと味が濃くてちょっと甘いかも」

確かにおいしいんだけど、私が欲しかった味ではない( ノД`)

私の好みはしょっぱいゆで汁が房の中から豆と一緒にジュワっと出てくるやつ。蒸すと余計な水分はついてません。

実にオシイ! 味はおいしいんだけどね。

自分の好みの味探してこんどは茹で枝豆に挑戦

 

枝豆はビタミンCがとっても豊富で夏にはもってこい。しかし水溶性で茹でると栄養が半分に逃げてしまうらしい。

もったいなくて蒸し枝豆に軍配があがりそうですが、正直な自分の口に従うと、しょっぱいゆで汁と共に食べたい!

こんどは蒸し板を使わずに、ホットクックで茹でてみることにしました。

無水鍋なので、少量の水があれば大丈夫。洗って塩もみこんで鍋にIN。

【手動で作る】➡【無水でゆでる】➡【5分】➡スタート!

「できあがりました♪」とアナウンス

ホットクック

ホットクック

ホットクック

食してみると

The 好み

ただ、ただオシイのが、少量の水でやったばかりに汁に浸かっているところと浸かってない所があり、浸かっていた枝豆だけ超サイコーに好みの枝豆でした。

火の通りはゆで汁に浸かっていてもいなくても均一に出来上がっているのはさすがです。

ホットクックじゃないけど、フライパンで焼き枝豆

枝豆好きな私のために、実家に帰ると高確率で母が用意をしてくれます。

最近、テレビで知った方法とかいって、フライパンを使ったほぼ枝豆の水分だけで火を通す、短時間で栄養も逃がさない作り方。

作り方は超簡単。

洗った枝豆に塩をもみ込んで少し置き、フライパンに蓋をして弱火で7,8分。たまに焦げないようにフライパンを揺らして、これで出来上がり!

焼き枝豆っていうより、やっぱりこれも蒸し枝豆ですよね。

味が濃くなるようでおいしいけど、やっぱり私の好みは、しょっぱいゆで汁ごとなんですよねぇ

お母さん、栄養半分でもいいからやっぱり茹でてくれ~
その分、倍食べるから

ではでは

 

ザル便利!